2011年05月24日

ほくほくのスイートポテト

春に友達の実家の徳島に遊びに行って来たんです。

徳島都言えば、鳴門金時ですよね。

なので、鳴門金時を使ったお土産がとても多かったんです。

これだっ!と思ってスイートポテトを買って帰ったんですけど、
それがちょーおいしくて。

それから、
コンビニとかでちょくちょくスイートポテト買うようになっちゃいました。

もちろん、いまのところ鳴門金時に叶うものはないですけど、
意外とスイートポテトって当たりハズレないですよね。

けっこうたべる頻度が増えてきたので、
ちょっとレシピを検索してみました。



スイートポテト.bmp



【材料】7個分

・さつまいも      300g

・生クリーム      30cc

・三温糖        30g

・卵黄         1個

・シナモンパウダー   適量(おこのみで)

・ごま         適量

・塩          適量 




【作り方】

@お湯を沸騰させた鍋に塩を一つまみ入れ、
 輪切りにしたさつまいもをいれ、ゆでる。

Aゆでたさつまいもに、卵黄以外の全ての材料を入れ、ブレンダ―で混ぜる。
 (塩は少々)

B7つに分けて、お好みのカタチに整える。

C表面に卵黄を塗り、ごまをトッピング。
 200度のオーブンで20分焼けば出来上がり!



ちょー簡単ですねっっ。




さつまいもってたくさん種類がありますよね〜。


【鳴門金時】

徳島県鳴門付近で栽培されています。
全国の青果市場では、最も高価で取引されています。

やきいも、天ぷらに向いています。


【紅あずま】

主に関東地方で栽培されています。
甘味のあるさつまいもの品種で
お菓子の材料としても、家庭料理の素材としても使われる、メジャーなさつまいもです。


【紫いも】

紫いもとは
皮の色は紅・赤・白で、中身が赤紫色のさつまいものの総称です。
鮮やかな紫色は、今注目のポリフェノールの一種、アントシアニンです。
紅あずまと比べると、甘さ控えめで、粘りがあり、お菓子の素材として人気があります。


【安納芋】

種子島を中心に鹿児島県で生産されている品種です。
甘味の強いさつまいもで、かぼちゃみたいな味がする珍しいサツマイモです。


【紅赤】

紅あずまと似た特性を持つさつまいもで、やきいもとして食べられています。


【紅いも】

沖縄特産の紅いも。
肉質が赤や紫で、
食物繊維、カルシウム、ポリフェノールの含有量がバツグンに高いさつまいもです。



お好みにあわせて、さまざまなさつまいもでスイートポテトをつくって
食べ比べしてみるのも面白いかもしれませんねっっ










相続時精算課税制度と合わせて生前贈与を考えるサイトはこちら。

買取実績多数のブランド品買取専門店はゴールドプレミアム。

環境にも地球にもやさしいLED蛍光灯は中国から直送の中国発問屋直販サイト「チャイナエクスプレス」で。

業務速度アップさせるバーコードリーダーはこの企業。

正社員採用の警備の仕事をお探しならこちら。




posted by ちかちかっち at 18:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。